勝てるサイトのキーワード選定ポイント

成功するキーワードの選び方

ネクストSEOの対策プランは対策キーワード数無制限。ピックアップしたキーワードの中から、予算に合わせて取捨選択する必要はありません。
全ての効果的なキーワードを網羅して、ライバルに勝てるウェブサイトに育てましょう。
このコラムでは、効果的なキーワード選定の考え方と具体的手順についてお伝えできればと思います。
人気のあるテーマ選定からウェブサイトを制作する段階ではなく、既に公開済のウェブサイトのSEO対策をお考えの方を対象に解説いたします。

コンテンツに合致した関連キーワードの洗い出し

まずは、サイトテーマに沿ったキーワードの洗い出しをしましょう。
キーワードの抽出には、googleのキーワードプランナーを利用するのが便利です。
キーワードプランナーは本来、広告を出すためにキーワードを選定するツールですが、SEOでの対策キーワードを調査する際にもよく使われるツールです。

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

2016年から無料アカウントに対し、検索ボリュームを実数ではなく、範囲単位でしか閲覧できないよう制限がかかりましたが、大まかな月間検索回数や競合性などを知ることができます。
既に公開済のウェブサイトからキーワードを抽出するには、「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」より、ランディングページ欄にウェブサイトのURLを記入するだけでもOKです。

キーワードプランナー画面

出力されたキーワード一覧より、検索ボリュームと競合性とのバランスで選定すると良いでしょう。
競合性が低く検索ボリュームの多い優良なキーワードに対応するコンテンツページがない場合には、キーワードと整合性の高いコンテンツページを追加制作し、比較的容易に検索流入が獲得できそうなキーワードの取りこぼしがないようにしましょう。

アクションにつながるキーワードをピックアップ

ウェブサイトの集客では、まず第一に訪問者を増やすことに尽きますが、訪問者が増えたにも関わらず購買や来店に繋がらない、といったご相談を受けることも少なくありません。
これは、アクションに繋がらないキーワードを選定し対策を行ってしまっていることが主な要因です。

アクションにつながるキーワードとは?

アクションに繋がるキーワードとは、購入したいという意志が反映されたキーワードやすぐに必要といった緊急性を含んでいるものを指します。
一方、単に言葉の意味を調べているものや、一単語だけで意志がはっきりしない(何を目的として検索しているか判断できない)キーワードです。

これらのことを「デジカメ」を例に考えてみると、下記のようになります。
<<アクションにつながるキーワード>>
・購入したい 「デジカメ 安い」
・緊急性が高い「デジカメ 修理」
<<アクションにつながらないキーワード>>
・意味を調べる「デジカメとは」
・目的が不明 「デジカメ」

このように、アクションにつながるキーワードは、検索目的が明確であり、購入や問い合わせにつながるニーズが含まれているキーワードです。
メインテーマ(「デジカメ」)に、動機を表すキーワードを付加し、それらの中で検索回数の多いキーワードをリストアップしましょう。
全てのキーワードをアクションにつなげる必要はありませんが、アクションにつながるキーワードが多いほうが成果を上げやすくなります。

Check! 洗い出した全てのキーワードを効率的に対策するには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする