情報を漏れなく正確にクローラに伝えるためのサイト設計(1)

情報を漏れなく正確にクローラに伝えるためのサイト設計(1)イメージ

ウェブサイトの情報を検索エンジンに正しく、そして漏れなく伝えるためには、クローラが情報を収集しやすい設計にすることが重要です。 どんなに優れたコンテンツも、クローラに収集されなければ検索エンジンからの評価を得ることはできません。 そのような意味では、情報を正確に伝えるためのサイト設計はSEO対策の第一歩と言えるかも知れません。

クローラが情報収集しやすいサイト設計とは?

クローラは、ウェブページ間のリンクを辿ってウェブサイトの情報を検出し、収集していきます。 従って、検索エンジンにウェブサイトの情報を正確に漏れなく認識してもらうためには、サイト内の全てのページでページ間リンクを設置し、クローラが全てのページを巡回できる設計にしておく必要があります。

SEO対策において重要な役割を担う「リンク」

Webとは、インターネット上で公開されている複数のコンテンツを相互に関連づけ、結びつけるシステムを指します。 そして、この役割を担っているのがハイパーリンク(リンク)で、リンクこそがWeb最大の特徴と言えます。
リンクには、外部のウェブサイトから張られる「外部リンク」と、自サイト内で張られる「内部リンク」とがあり、ともにSEO対策において重要な役割を担っています。

外部リンクの役割とは?

SEO対策における外部リンクの役割は下記2点です。

・クローラの入口としての役割
・ウェブページの評価の受け渡しの役割

既述のとおり、クローラはリンクを辿ってウェブページを収集しますので、外部リンクのないウェブページは検出できないケースが発生します。
また、外部リンクの数は一つの人気の指標となり、検索エンジンの評価を高めることに繋がります。
但し、昔流行した人工リンクの売買などによって得た外部リンクなど、規約違反となる外部リンクは今では高い精度で検出され、逆に評価をおとしてしまう結果に繋がりますので注意が必要です。
あくまで、自サイトのコンテンツに共感した閲覧ユーザーから自然発生的に向けられるナチュラルリンクの獲得を目指しましょう。

内部リンクの役割とは?

一方、SEO対策における内部リンクの役割は下記2点です。

・クローラの巡回経路としての役割
・相対的な重要度の指標を示す役割

クローラは内部リンクを辿ってウェブサイト内のページを探し当て収集していきますので、リンクが張られていないページがある場合には、そのページが収集から漏れてしまう可能性があります。
内部リンクは抜け漏れなく、サイト内の全てのページでページ間リンクを設置しましょう。 また、ページへの内部リンク数は、検索エンジンに対して、そのページの相対的な重要度を伝える指標となっていることをGoogleは正式にアナウンスしています。
従って、検索エンジンに高く評価されたい重要なページには多くの内部リンクが集まり、重要度の低いページには内部リンクが集まらないようにサイト設計することが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする