SEO外部対策のサービス概要

SEO外部対策のサービス概要 イメージ

検索エンジンにおける順位変動を見ていると、最近よく目にする一つの傾向があります。
それは「増強型コンテンツを導入したサイト」と、そうでないサイトの格差です。

ここ最近、商用サイトの変化として、コラム等のコンテンツを増強するといった動きが見られるようになりました。このため、一部の商用サイトは新たに「情報サイトとしての価値」を生み出し、ユーザーの閲覧時間(滞在時間)を伸ばすことに成功しています。
この結果「コンテンツを持つ商用サイト」が検索エンジンでの上位表示までも獲得してしまう、といった事例が増えています。

なぜ、商用サイトにコラムを増やしただけで上位表示されたのか?
これは、今や上位表示には欠かせない要素となった「ユーザーにとってのコンテンツ価値」を、流入ユーザーの「閲覧時間」「ページ遷移」「直帰率」などのデータから判断し、それがアルゴリズムに組み込まれた結果であることに他なりません。

  • 閲覧時間
  • ページ遷移
  • 直帰率

この3つで数値が優秀なサイトは、自然とユーザーの言及率も高くなります。つまり「ユーザーによる口コミの広がり」や「ユーザーによる自発的なリンク」といったことが増えやすくなると言えます。

この事象を検索エンジン側から見てみましょう。

自社サイトでユーザーの言及率が高くなれば、外部リンクの存在が自然視され、それが効果的・効率的に作用します。逆のケースでは「外部リンクの存在が疑問視される」といったロジックにより、外部リンクの評価に影響しているものと考えられます。
ここで言うロジックとは、以下のような図式です。
直帰率が高い、閲覧時間が短い ≒ ユーザーにとって価値ある情報が少ないサイトを言及(リンク)するユーザー行動は自然発生的ではない。
つまり、十分なアクセスや滞在時間、ページ閲覧のないサイトへの被リンクが増える、といった現象は「作為的な人工リンク」でもない限りあり得ないのです。

もちろん現在でも「被リンクの評価」はSEO対策における重大要素の一つ。しかしこのようなアルゴリズムの変化により「被リンク効果」のみにフォーカスした従来の外部SEO対策では、上位表示が限定的なのも現実です。

SEO対策の成否は「自然リンクによる被リンク効果」と「アクセス流入後のユーザー行動」が鍵となります。

内部対策とコンテンツ対策を早期に活性化させるプロモーション

サイト規模、サイトテーマに応じた最適なプロモーションを実施し、ご提案に沿って改善いただいた内部対策、コンテンツ対策を早期に活性化させます。

ロングテールワードでの早期からの検索流入を図りながら、段階的にミドルワード、ビッグワードの対策をし、大きな検索流入が獲得できるよう努めます。

もちろん、googleのガイドラインを逸脱し人工リンクを供給するような、お客様のサイトが大きなリスクに晒される手法は一切行ないません。

Check! 内部チューニングの詳細は内部対策でご覧いただけます。

Check! コンテンツ改善の詳細はコンテンツ対策にてご覧いただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする