30%OFF サマーキャンペーン開始(ニュースリリース)

新規ご契約の全てのお客様を対象に、「30%OFF サマーキャンペーン」を7月17日より7月31日まで実施します。

<キャンペーン概要>
【キャンペーン名】30%OFF サマーキャンペーン
【キャンペーン期間】2018年7月17日(火)~2018年7月31日(火)まで

【対象企業】
新規ご契約の全てのお客様(法人・個人を問いません)

【お申込み対象サービス】
[1]ネクスト30プラン(定額制・通常価格:月額30,000円)
[2]ネクスト50プラン(成果報酬制・通常価格:1ユニークユーザー増あたり100円)
[3]ネクスト100プラン(成果報酬制・通常価格:1ユニークユーザー増あたり80円)
[3]ネクストプレミアムプラン(成果報酬制・通常価格:1ユニークユーザー増あたり50円)
*各ベースプラン(定額制・通常価格:月額8,900円〜)はキャンペーン対象外です。

【キャンペーン内容】
お申込み対象サービスを新規でご契約いただいた全てのお客様へ、通常価格の30%OFFにてSEO施策をご提供いたします。

【最低利用期間】
6ヶ月

SEO対策の外部委託を検討する際、こんな問題を感じたことはありませんか?
・選定したキーワードで期待した訪問数が得られるかどうか分からない
・成約率の高い多数のロングテールワード(競合性の低いキーワード)でユーザー流入増を図りたいが、キーワード単位で対策費用が発生するため費用対効果が見合わない
・多数の訪問が見込まれるビッグワード(競合性の高いキーワード)の対策で勝負したいが、成果が上がるまでユーザー流入が得られない状態は避けたい

そして、外部委託した結果、こんな問題を抱えていませんか?
・順位に対する成果報酬を払い続けているが期待した訪問数が得られず、費用対効果が見合っていない
・定額制でビッグワード対策を委託したが上位表示達成までの長期間、全くユーザー流入が得られない
・ロングテールワードを5〜6ワード程度委託したが流入が少なく、費用対効果が見合っていない

ネクストSEOでは、これら全ての問題を解決できます。

対策キーワードは、ロングテールワードなど具体性の高いワードほど成約率は高く、逆に具体性が低いワードは成約率が低くなる傾向にあります。
従って、例えば具体性の低いビッグワード1ワードで10万のユーザー流入を図るより、具体性の高いミドルワード(競合性が中程度のキーワード)10ワードで各1万、計10万のユーザー流入、さらには、より具体性の高いロングテールワード100ワードで各1,000、計10万のユーザー流入を図るほうが高い成約率が得られます。
また同時に、ロングテールワード対策は開始直後からのユーザー流入が見込まれ、期間的な優位性も持っています。

ですが一方、ビッグワードは上位表示が成功した際には莫大な数のユーザー流入が得られるため、成約率は低いものの、1つのワードの絶対数ではミドルワード、ロングテールワードを凌ぐ力を持っていることも事実です。

ネクストSEOではキーワード数の制限なく、サイト全体の各ページに記事内容と整合性の高い適切なキーワードを選定することで、対策開始直後から、ロングテールワード設定ページからのユーザー流入を確保しつつ、ミドルワード、ビッグワードの長期的な対策に取り組むことが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする